FAXに対応できれば機会損失が減る

FAXに対応できれば機会損失が減る

FAXに対応できれば機会損失が減る FAX機をオフィスに置かなくても、書類を受け取れるサービスがあります。メールサーバーを経由してデータの送受信が行えるので、スマホとメールアドレスがあれば出先でも着信して内容を確認できます。
スマホからFAXに対応できれば、受発注や問合せなどの機会損失を軽減することが可能です。販売や介護等の事務所では、人員が離席していることが多く、せっかく顧客から送信があってもすぐに対応できないことがあります。また、担当者が営業先に出ていることが多ければ、帰社するまで待つ必要があるでしょう。急ぎであれば用をなさないこともあり、他社に顧客を奪われる原因にもなりかねません。売上の損失を防ぐためにも、インターネットで対応できるサービスを採り入れるのがおすすめです。
サービスを導入するには、インターネット接続ができる環境にあれば回線工事は必要ありません。スマホはモバイル回線に対応しているので、特に事前の準備は必要ないでしょう。サービスサイトからインターネットFAXの申し込みをして、受発信に対応するスマホのメールアドレスを登録するだけで利用できます。

スマホ(デジタル)とFAX(アナログ)を一括管理!

スマホ(デジタル)とFAX(アナログ)を一括管理! 以前はFAXが届くと、必ず紙に文字が転写されてプリントアウトをした形で見る必要がありました。しかしデジタル化が確立された現代では、FAX機とスマホを無線接続で同期化させることが可能になりました。そのおかげで、わざわざプリントアウトをしなくてもスマホ画面で届いた内容を閲覧でき、紙を使用する必要もありません。
更にワンランク上の使い方も可能で、デジタルであるスマホとアナログであるFAXを一括管理する事も出来ます。スマホには世界各国のユーザーが制作した無料アプリを利用できる利点があり、その中にファックスの送受信が可能なものもあります。既存のファックス番号をそのまま使用する事が可能なので、送られてきた文面は全てデータとして蓄積することが出来ます。紙を必要とせず、情報データとしてサーバーやパソコン内に蓄積するので必要なときに検索をすればすぐにお目当ての情報を誰でも簡単に見つけ出せるメリットがあります。

新着情報

◎2018/3/6

FAXに対応できれば機会損失が減る
の情報を更新しました。

◎2017/10/12

スマホでFAX
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

メールでFAXを送信
の情報を更新しました。

◎2017/7/14

サイト公開しました

「FAX 管理 」
に関連するツイート
Twitter